会場:東京ビッグサイト
  同時通訳
<日・英>
CT-S1 <制作・配信コース> プラットフォーム/VR
6月28日(水)13:00〜14:30
Amazonプライム・ビデオの日本・アジア戦略
〜20本を超える日本オリジナル作品から学んだこと〜
James Farrell
アマゾンジャパン(同) Amazonプライム・ビデオ
コンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック
リージョナルヘッド James Farrell

2015年9月にサービス開始、昨年からは独自性あふれるオリジナル番組制作に重きを置き、注目を集めているAmazon プライム・ビデオ。ドラマ、バラエティ、リアリティ、コメディ、ドキュメンタリーと多岐にわたるジャンルで番組制作を続けてわかったことは、毎回想定通りの結果が得られた訳ではなく、コンテンツの追及に終わりはないことだ。お笑い芸人・松本人志氏が手がけるバラエティ番組の成功事例や、これまでの視聴傾向などを紹介しながら、日本・アジアのコンテンツ戦略、これからAmazonが目指す道を語る。


「日本にしか作れない」VRコンテンツとは?
〜世界のVR最新動向と、日本が戦う道〜
貞本 義行
(株)ガイナックス 漫画家・デザイナー
貞本 義行
アニメーションプロデューサー
竹内 宏彰
竹内 宏彰

VR技術がもたらすもの、それは映像革命である。アメリカでは20年、30年先を見据えたVR研究・ビジネス開発が進んでいる。日本がリードできるVRコンテンツとは何か?海外との共同製作を多数経験してきたアニメプロデューサー竹内氏と、「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターデザインを担当した貞本氏が、日本独自のVRの可能性や、新プロジェクトなどを紹介しながら語る。


    同時通訳
<日英中韓>
CT-S2 <制作・配信コース>
日中韓文化コンテンツ産業フォーラム
6月29日(木)10:00〜12:00
日中韓コンテンツ産業の発展に向けて
プログラム:
●日中韓文化コンテンツ産業フォーラム各国代表による講演
「各国のコンテンツ施策とコンテンツ産業の動向」
竹内 芳明
<日本>
経済産業省 商務情報政策局
審議官(IT戦略担当)
竹内 芳明
<韓国>
文化体育観光部 コンテンツ政策局
コンテンツ政策官
Sang-ug KIM(キム・サンウク)
Sang-ug KIM
<中国>
President of CFCC
Miao Xiaotian
 
●ゲスト講演・パネルディスカッション 川村 元気
<日本>
映画プロデューサー
川村 元気
(代表作:『君の名は。』『怒り』『告白』など)
<韓国>
ドラマ・映画プロデューサー
CEO of Tae You Inc. and Television Director
Tae You Chang(チャン・テユ)
(代表作:『101回目のプロポーズ』(日本原作リメイク)
『星から来たあなた』など)
Sang-ug KIM
<中国>
ドラマ・映画クリエイター・プロデューサー
Director and Deputy General Manager of China Film Co., Ltd.
Zhao Haicheng
(代表作:『Red Cliff(赤壁)』『Mermaid(美人鱼)』など)
<モデレーター>
青山学院大学 総合文化政策学部
教授 内山 隆
内山 隆

「日中韓文化コンテンツ産業フォーラム」は、日中韓3か国におけるコンテンツ産業政策、動向に関する継続的な情報交換及び各国産業間のビジネスチャンス創出のために開催される官民合同の国際会議(日本:経済産業省、中国:文化部、韓国:文化体育観光部、及び3か国のコンテンツ産業界が参加)です。今年は日本最大のコンテンツビジネス総合展である「コンテンツ東京」と併催し、特別講演、商談展への出展を行います。


CT-S3 <制作・配信コース> グローバル戦略
6月30日(金)12:30〜13:30
共催:NPO法人 映像産業振興機構(VIPO)

音楽、舞台、映像などジャンルを超えたコンテンツの海外展開、成功の秘訣
〜アミューズ・松竹に学ぶ、グローバル戦略〜
●パネリスト
細田 光人 松竹(株)
取締役 副社長
細田 光人
宮野 治彦 (株)アミューズ 執行役員
アジア事業部担当
宮野 治彦
●モデレーター
市井 三衛 NPO法人
映像産業振興機構(VIPO)
事務局長
市井 三衛
   

BABYMETAL・Perfume・ONE OK ROCK等、数々のアーティストを海外に送り込んでいるアミューズの戦略はどのように生まれ、発展していったのか?また、伝統芸能歌舞伎をKABUKIとし、積極的にグローバル展開、またインバウンドへの取り組みを行っている、松竹の取り組みは?音楽、映像、映画などエンタテインメントジャンルを越えた海外事例を一挙に紹介。コンテンツ海外展開の国の支援の実績や、成功事例なども合わせて紹介する。


M-S1 <販促・マーケティングコース> デジタルマーケティング
6月29日(木)15:00〜16:00
デジタル×フィジカルの新マーケティング戦略!
コミュニケーションを超える新しい体験「Coke ON」とは?
豊浦 洋祐
日本コカ・コーラ(株) マーケティング本部 IMC iMarketing/
統括部長 豊浦 洋祐

王者ブランドながら、マーケティングにイノベーションを起こすというミッションで新たなデジタル戦略を打ち立てた日本コカ・コーラ。スマホと自動販売機=デジタルとフィジカルの体験を結びつけた新デジタルマーケティングプラットフォーム「Coke ON」について解説しながら目指すサービスの姿を語ると共に、デジタルマーケターとして見据えるこれからを語る。


M-S2 <販促・マーケティングコース> コンテンツ戦略
6月30日(金)10:00〜11:00
アウディが仕掛けるコンテンツ戦略、4つのチェック項目
〜コンテクスト(文脈)で差をつけるには〜
井上 大輔
アウディジャパン(株) デジタル&CRM マネージャー
井上 大輔

コンテンツ戦略によって、ユーザー体験や、ブランド想起の向上を実現しているアウディ。どこから来た誰に、何をみせて何をしてもらうのか?コンテンツを活かすも殺すも、それを見せる文脈(コンテクスト)次第。Approach、 Target、 Jobs to be done、Call to action、4つのポイントで、コンテンツの文脈を整理する実践的な手法を、Audi Q2のティーザープロモーションなどの事例をもとに解説する。


M-S3 <販促・マーケティングコース> 動画ブランディング
6月30日(金)14:30〜16:00
共催:ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
アジア最大級の国際短編映画祭に学ぶ 動画マーケティングの最前線 別所 哲也
<プログラム>
●[講演]企業ブランディングと映像の今
●[上映]Branded Shorts of the Year受賞作
●[講演]海外のブランディング映像最新事例
●[講演]エンゲージを最大化するクリエーティブ


<登壇者>
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
代表 別所 哲也
(株)グライダーアソシエイツ
代表取締役社長 杉本 哲哉
杉本 哲哉

  同時通訳
<日・英>
T-S1 <先端テクノロジーコース> 「体験」「表現」の未来
6月30日(金)14:30〜16:00
ハウステンボスが世界最高の“未来のテーマパーク”になる理由
〜ロボット、VR/AR、AIが導く進化〜
富田 直美
ハウステンボス(株) 取締役 CTO/
(株)hapi-robo st 代表取締役社長 富田 直美

ロボットが接客・調理をする「変なホテル/レストラン」、世界中のロボットを集める「ロボットの館」、日本最大数のヴァーチャル体験が可能な「VRの館」など、ハウステンボスは先端技術をいち早く貪欲に取り入れ続けている。なぜ同社は最先端に挑戦し続けるのか?先端技術を使った“楽しませ方”とその先の目指す姿とは?最高技術責任者がその舞台裏を語る。


世界最高峰の空間表現 -モーメントファクトリーが日本上陸!
人々を結びつける“マルチメディアエンターテイメント”の創り方
Marc-André Baril
Moment Factory Tokyo Office Director
Marc-André Baril

ビデオ、照明、建築、音響、特殊効果を組み合わせて体験型アートを創造するマルチメディア・エンターティメント・スタジオ、モメントファクトリー。2001年の創設以来、シルク・ド・ソレイユ、マドンナ、ミューズ、ソニー、ロス国際空港など、名立たるクライアントと世界中で400以上のショーとイベントを創ってきた。近年では、日本初のプロジェクトとなる『食神さまの不思議なレストラン』展を開催。今年、新たに設立される日本オフィスの代表が、モメントファクトリーの体験型アートを産み出す斬新なコンテンツ制作手法について解説する。


T-S2 <先端テクノロジーコース> AI×クリエイティブ
6月29日(木)13:00〜14:00
特別協力:練馬大学ロボット工学科 第7研究室
手塚治虫がデジタルクローンで蘇る!?
漫画家AIプロジェクトメンバーによるスペシャルトークショー
〜AIはクリエイティブ・コンテンツ制作をどう変えるか?〜
ヴィジュアリスト/(株)手塚プロダクション 取締役
手塚 眞
手塚 眞
公立はこだて未来大学 副理事長
松原 仁
松原 仁
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授/
人工知能先端研究センター センター長
栗原 聡
栗原 聡
(株)ドワンゴ ドワンゴ人工知能研究所 所長
山川 宏
山川 宏

マンガの神様・手塚治虫のデジタルクローンは実現可能か? 漫画『アトム ザ・ビギニング』で出逢った気鋭のAI研究者と手塚眞氏が、世界のAI最新動向、中でも「クリエイティブ・コンテンツ制作×AI」領域の最新事例を交えながら、日本発の天才クリエイティブAIの可能性と意義、技術的なロードマップを紹介する。


  同時通訳
<日・英>
L-S1 <キャラクター&ブランドライセンスコース>
ライセンスビジネス
6月29日(木)13:00〜14:00
世界で愛されるキャラクター展開の裏側
〜キャラクターライセンスビジネスの多様性と魅力の伝え方〜
福田 英司
(株)サンリオ 海外事業本部 執行役員
福田 英司

永年愛されるハローキティ、近年大人気のぐでたまをはじめ、様々なキャラクターを生み出し、世界でビジネス展開をするサンリオ。そのビジネスアプローチは、小売、ライセンス、広告、エンターテイメントと多岐に渡る。愛されるキャラクターを創り出すアイデアと育成していくスタンスや、ビジネス展開する際の心得と方法をわかりやすく解説する。



L-S2 <キャラクター&ブランドライセンスコース>
ライセンス 特別基礎講座(1)
6月28日(水)10:00〜11:00
※L-S2は満席になりました。同内容の追加講演を行いますのでご希望の方は下記よりお申込みください。

L-S4 <キャラクター&ブランドライセンスコース> ※L-S2の追加講演
ライセンス 特別基礎講座(1)
6月29日(木)17:00〜18:00
共催:(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)
キャラクタービジネス入門
必ず知っておきたい基礎知識とその活用法
陸川 和男
(株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長
(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA) 理事/事務局長
陸川 和男

異業種連携や地域振興、インバウンド施策など、クールジャパンでも注目される日本のアニメ&キャラクター。その背景にあるライセンスビジネスの構造やフロー、市場性などのポイントを分かりやすく解説。また効果的なキャラクター選定や活用法などについても紹介するキャラクタービジネスの入門編です。



L-S3 <キャラクター&ブランドライセンスコース>
ライセンス 特別基礎講座(2)
6月30日(金)10:00〜11:00
共催:(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)
オンラインでシェア→膨大なファンと ゆるっと繋がる。
『カナヘイの小動物』に学ぶ、コンテンツ力の秘密
桔梗 純
(株)テレビ東京コミュニケーションズ 統括プロデューサー
(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA) 理事
桔梗 純

2016年、LINEスタンプでグランプリを受賞した人気IP『カナヘイの小動物』。日本と同時に台湾、香港でライセンス展開を行い、アジア全体へ驀進中だ。同じセグメント層にシェアされ、商品、広告、イベントと、ライフサイクル論を無視してシナジーを発揮する、その背景にある「コンテンツ力」の秘密を探る。


※敬称略。都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合がございます。
氏名(漢字) (必須)
  
氏名(カナ) (必須)
  名 ※全角カタカナでご入力ください。
会社名(漢字) 
※プルダウンに該当がない場合「なし」を選択し、テキストボックスに一緒にご登録ください。
会社名(カナ) 

※「カブシキガイシャ」、「カ)」等は不要です。全角カタカナでご入力ください。
所属部署 

※所属部署がない場合は「-」を入力してください。
役職
住所 (必須)
※丁目・番地は全て「-」で結んでください。
例)1丁目23番地45号
1-23-45
郵便番号※ハイフンは不要です
(7桁)(半角数字で入力してください)

 

都道府県

 

例) 新宿区西新宿
市区町村

 

例) 1-26-2
番  地

 

例) 新宿野村ビル18F
ビ ル 名
電話番号 (必須)
-- ※半角数字で入力してください。
FAX番号 
-- ※半角数字で入力してください。
E-mail (必須)
※半角英数字で入力してください。
(確認のため、もう一度入力してください。)
業種 (必須)
<ご注意>
上記に登録されたご本人様のみ受講可能です。代理の方の受講はできませんので、あらかじめご了承ください。
代理でお申込みされる場合は、必ず受講される方の情報を記入してください。
主催者の競合関係にあたる企業のご参加はお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
本セミナーの講演資料の配布はございません。あらかじめご了承ください。

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。
登録された方には、今後、DMや電子メールなどにより、弊社の展示会・セミナーの開催案内をさせていただきます。
案内を希望されない場合は、次の□にチェックをしてください。
弊社は個人情報について細心の注意を払っています。弊社の方針はこちらをご覧ください。

 

[お問い合せ]
主催者 リード エグジビション ジャパン(株)
コンテンツ東京 セミナー 事務局
TEL:03-5259-9056 (受付時間 10:00〜18:00)
E-mail:content-con@reedexpo.co.jp
Homepage:http://www.content-tokyo.jp/